日本のモノ創りを世界へ

「モノ創り」とは日本の製造業と、その精神性や歴史を表す言葉である。

株式会社東光通商

エクトム株式会社

寧波東光国際貿易有限公司

JAPAN MIMTECH TOKO

MIM製品

NEW!! [METALEX Vietnam2016」東京パビリオン出展報告

この度の(アジア特別商談会)展示会はベトナム・ホーチミン市で開催されるMetalexVietnam 2016内に設置される「東京パビリオン」への出展です。

会期:28年10月6日~8日 

会場:Saigon Exhibition Convention Center(ベトナム・ホーチミン)

主催:Reed Tradex Comoany

「東京パビリオン」は今回で3回目で東京都で募集し応募した企業から、いくつかの要件―ー東京都内に本店を置く中小企業のうち技術や製品を自ら製造しその技術力、ブランド力のPRにふさわしい高い訴求力のある技術や製品を有するーーなどを審査の上、東京都の推薦を受けた15社のみ参加できるものであることをご報告いたします。

 

・まず印象といたしまして東京都主宰とあって写真からも解るように都が設えた東京ブースは技術アピールに相応した素敵なデザインでした。

このイベントは年々知名度が上がり今回は開催期間の3日間で2万人ほどのお客様が来場されました。

来場者の中には、中国、タイからの団体来場者を含め周辺国からの来場者も多く見受けられました。

・業種としては工作機械、マシニングセンタ、放電加工機、金属加工、ファクトリーオートメーション、測定、ツーリング、などなどと多岐におよび当社もMIMという分野での評価をいただき出展し、用途、コスト低減、高硬度についてのアピールをいたしました。

・当社としての手応えとしては事前のベトナム企業との商談(都で斡旋していただいたマッチング)や現地での直接的商談など、多数のご商談をさせていただき、今後につながるお話もいただくことができました。他業種にわたる展示会のため当社のMIMについても 認知が低く『MIMとは』の説明から始める場合もありましたが 

 2回3回と参加を重ねることで、さらに手応えが得られるとのことですので、良いアピールの機会として続けて出展の必要を感じました。

・ベトナムは年7%前後の成長率なので1年毎に地場業者の成長著しいことが感じられます。 来場者の皆様の目は輝いるように見えました。

 実感としては当社の通訳はもちろんおりますがやはり、ベトナム語という言葉の壁がありコミュニケーションができないことが何をやるにも苦労です。

しかし、ベトナムの国民性には、親しみ易い感を抱いています。

展示会も成功裏に終了し参加した東京勢で記念撮影も行い充実した3日間を閉幕しました。 

展示会におきましては都職員の方々、コーディネータの方々には大変お世話になりました。ありがとうございました。

                                                                                                                                                                   (記:阿部)

!cid_ii_157...  !cid_ii_157... !cid_ii_157...        

                                                         !cid_ii_157...                                                                                                                                                                                                                                        

2016年10月20日